糖質の量は角砂糖何個分?【カゴメ】野菜生活100 瀬戸内柑橘ミックス

この【カゴメ】野菜生活100 瀬戸内柑橘ミックス、ご存知でしたか?

野菜ジュースでもなく、フルーツジュースでもないような、糖質とは縁のなさそうな爽やかなライトブルーのパッケージに柑橘系をはじめとするフルーツのイラストが描かれています。

広島と愛媛で獲れた柑橘系果実を使用しているとのことで、季節限定の商品となってます。

季節限定商品なので、スーパーやコンビニで見かけたら即購入しないと来年まで購入できなくなってしまうレア物です。

野菜+柑橘系果実というと、あまり糖質が含まれていないような気になってしまいますが、予想に反してけっこうな量の糖質が含まれてます。

爽やかな印象がある分、糖質の摂取量を気にされてる方にとっては、残念というか予想を裏切られた感があるかもしれませんね。

では、具体的にどんな商品で、どのくらいの糖質が含まれているのか見ていきましょう。

商品紹介

商品名:野菜生活100 瀬戸内柑橘ミックス
メーカー:カゴメ
ホームページURL:http://www.kagome.co.jp/products/drink/10022/

まずは商品情報を見てみると

原材料 野菜(にんじん、ピーマン、ほうれん草、アスパラガス、小松菜、クレソン、かぼちゃ、紫キャベツ、ブロッコリー、メキャベツ(プチヴェール)、ビート、赤じそ、セロリ、レタス、はくさい、ケール、パセリ、なす、たまねぎ、だいこん、キャベツ)、果実(りんご、オレンジ(ネーブル)、パインアップル、甘夏、はっさく、河内晩柑、清見、不知火、レモン)/クエン酸、香料、ビタミンC
アレルギー りんご・オレンジ
栄養成分 【195ml当たり】
エネルギー:91kcal、たんぱく質:0.6g、脂質:0g、炭水化物:22.3g、糖質:22.0g、 糖類:19.4g、食物繊維:0 〜0.6g、ナトリウム:20~52mg、食塩相当量:0.05~0.2g、カリウム:360mg、カルシウム:16mg、ビタミンC:120mg、ビタミンK:0~3μg、 葉酸:2~17μg、クエン酸:600mg

原材料は21種類の野菜+9種類の果実にクエン酸、香料、ビタミンCだけのようです。
パッケージにも書かれているとおり、砂糖・食塩は使用されていないようです。

流石は「柑橘ミックス」という商品名だけあって、6種類の柑橘類が使われているようです。

野菜だけで21種類使用しているうえに、9種類の果実を使用しているという贅沢な商品。
流石はカゴメさん、かなりのこだわりを持って作られているようです。

6種類の柑橘系果実にビタミンCとクエン酸を加えているというとは、かなり酸味の強い味に仕上がっているのかと思ってしまいますが、スッキリとした爽やかな味に仕上げてくれてます。

商品の特徴

メーカーの商品紹介ページを見てみると

瀬戸内産の柑橘を使用した爽やかなおいしさ。広島産と愛媛産の風味豊かな6種の柑橘を使用した野菜&果実100%ジュースです。

引用:http://www.kagome.co.jp/products/drink/10022/

と書かれています。

国産の柑橘類を使用しているということで、なんとなく安心感がありますね。

そして、使用されてる柑橘類の中にある「河内晩柑」「清見」「不知火」という見慣れない名称があったので調べてみました。

河内晩柑(かわちばんかん)とは

河内晩柑(かわちばんかん)とは、柑橘類の一種で、ザボンの一品種。美生柑(みしょうかん)、愛南ゴールド(あいなんゴールド)、宇和ゴールド、ハーブ柑、天草晩柑、ジューシーフルーツ、ジューシーオレンジ、灘オレンジ、夏文旦などとも呼ばれる。

引用:wikipedia

見た目がグレープフルーツっぽいので和製グレープフルーツと言われることもあるようです。
愛媛県が国内でもっとも多く生産しているそうです。

清見(きよみ)とは

清見(きよみ)はミカン科ミカン属の常緑小高木で、柑橘類の一種である。温州ミカン(宮川早生)と外国産のトロビタオレンジを交配させたもので、日本で育成・公表された最初のタンゴールである。品種名の「清見」は、育成地(静岡県静岡市)の近くにある清見潟(きよみがた)・清見寺(せいけんじ)に由来する。

引用:wikipedia

特徴は温州ミカンとスイートオレンジの中間だそうです。
主産地は愛媛県、和歌山県、佐賀県、広島県とのこと。

不知火(シラヌヒ)とは

シラヌヒ(不知火)は、ミカン科ミカン属の柑橘類のひとつ、「清見」と「ポンカン」の交配により作られた品種である。

引用:wikipedia

デコポンと似た形で頭の部分が出っ張っているのが特徴で、甘みが強くみかんのように袋ごと食べられるのが大きな魅力とのこと。
熊本県、愛媛県、和歌山県、広島県、佐賀県の5県で全国の生産量の8割を占めるそうです。

糖質量チェック

【カゴメ】野菜生活100 瀬戸内柑橘ミックスがこだわって作られた商品であることを説明してきましたが、肝心の糖質の量をみてみましょう。

糖質量の算出方法

上述した栄養成分に記載されているように、炭水化物:22.3g、糖質:22.0g、 食物繊維:0~0.6g、となってます。 糖質量についてもズバリ「22.0g」と記載されてます。
炭水化物から食物繊維を引いた中央値も22.0gになります。

ということで、糖質の量は22.0g

角砂糖が1個4gと考えてますので、角砂糖5個+1/2個に相当する糖質が含まれていることになります。

195mlの小さなパックの中に、角砂糖が5.5個も含まれていると考えるとかなりの量です!

原材料に砂糖類の記載が無いことを考えると、この糖質は主に9種類の果実に元々含まれている糖質の合計ということ。
爽やかなイメージのある柑橘類にもかなりの糖質が含まれていることが分かります。

同一カテゴリー商品と比較

準備中です。
しばららくお待ちください。

まとめ

瀬戸内産の柑橘類を6種類ブレンドした【カゴメ】野菜生活100 瀬戸内柑橘ミックス。
柑橘系の果実を前面に押し出しているので、糖質はあまり含まれていないのかなという予想を上回る結果でした。

とはいえ、季節限定の商品です。
柑橘系の爽やかな味が好きな方は、糖質の量を気にせずに見つけたら即購入してみてください。

195mlの小さなパックの中に角砂糖5.5個分の糖質というと、かなりの量に感じますが、他の食物や飲み物に比べたら誤差ともいえる含有量です。

飲んでみたい!と思ったら糖質を気にしてガマンするよりも美味しく飲んで、他の食事で糖質の摂取量を上手く調整したほうが精神衛生上プラスですし、罪悪感を感じながら飲むとカラダにも良くなさそうですよね。

当サイトで紹介する情報を参考に、他で上手く糖質の摂取量を調整してみてください。