糖質の量は角砂糖何個分?【カゴメ】野菜生活100 Peel&Herb グレープフルーツ・バジルミックス

お馴染みの野菜生活100のシリーズ商品です。

商品名はもちろんパッケージからも、野菜だけじゃなくフルーツも入ってるミックスジュースなんだなと分かる【カゴメ】野菜生活100 Peel&Herb グレープフルーツ・バジルミックス。

糖質の摂取量を気にして制限している方の中にも、この商品をコンビニやスーパーで購入して飲まれている方も多いことでしょう。

野菜とフルーツのミックスジュースということで、なんとなく健康に良さそうな爽やかなイメージが先行してしまいますが、実は糖質もしっかり含まれてます。

しかも、思ったより多く含まれてます!

知らずにこの商品から糖質を摂取してしまうより、具体的にどのくらいの糖質が含まれているのかを知ったうえで愛飲したいものです。

まずはどんな商品なのか具体的に見ていきましょう。

商品紹介

カゴメ 野菜生活100 Peel&Herb グレープフルーツ・バジルミックス

商品名:野菜生活100 Peel&Herb グレープフルーツ・バジルミックス
メーカー:カゴメ
ホームページURL:http://www.kagome.co.jp/products/drink/10312/

まずは商品情報を見てみると

原材料 野菜(にんじん、キャベツ、なす、アスパラガス、セロリ、はくさい、だいこん、ケール、レタス、クレソン、ほうれん草、パセリ、ビート、かぼちゃ)、果実(りんご、グレープフルーツ(ピンクグレープフルーツ100%)、レモン)/クエン酸、香料、ビタミンC、香辛料抽出物
アレルギー りんご
栄養成分 【200ml当たり】
エネルギー:82kcal、たんぱく質:0.6g、脂質:0g、炭水化物:20.3g、糖質:19.9g、 食物繊維:0~0.7g、ナトリウム:17~63mg、食塩相当量:0.04~0.2g、カリウム:360mg、カルシウム:18mg、ビタミンC:50~180mg、ビタミンK:0~3μg、葉酸:1~15μg、 クエン酸:990mg

原材料を見てみると、14種類の野菜と3種類の果実の他、数種類の添加物から作られているようです。

こうして文字で見ると「そうなんだ~」と思われるでしょうけど、14種類の野菜ってだけでも自宅で揃えようと思ったらかなりの量になります。
そして野菜だけではなく、3種類のフルーツも追加されてるうえに、疲労回復効果のあるクエン酸やビタミンCもとなると、自宅でこのジュースを再現しようと思ったらかなり大事になる内容です。

原材料だけを見ても、材料を揃えることや手間隙を考えると、かなりありがたい商品と言えます。

商品の特徴

ピンクグレープフルーツ

では、この商品にはどんな特徴があるのか、さらに掘り下げてみていきましょう。

メーカーの商品紹介ページを見ると、以下のように紹介されてました。

ひとつまみのハーブと柑橘のピールですっきりと甘すぎない野菜生活できました。今までにないおいしさと驚きをお届けする、気分転換やリフレッシュに最適な新しい野菜・果実ミックスジュースです。ビタミンCとクエン酸であなたの元気をサポートします。グレープフルーツのほろ苦さと、バジル・セロリシードの香りが合わさったスッキリした味わいが特長です。

引用:http://www.kagome.co.jp/products/drink/10312/

端的に言ってしまうと、味や風味を調整するために野菜以外にフルーツやハーブを取り入れている。
といったところでしょうか。

野菜ジュースは飲みたいけど、あの甘みがちょっと苦手で…という方や、気分転換をしたい方にちょうどいい爽やかな味と風味が楽しめます。

普通に考えると、原材料にかぼちゃやりんごを使用してるため甘めな仕上がりになりそうですが、そこは流石カゴメさんです。
柑橘系のフルーツやハーブの香りを上手くブレンドすることで、ほどよく甘みを打ち消して清涼感を感じさせる味に仕上がってます。

この味に辿り着くまでに、原材料の配合比率をかなり試行錯誤したことが容易に想像できます。
味だけではなく、風味や栄養価も考えると、野菜ジュース開発の経験値があるとはいえ、開発者の方々の努力の結晶とも言えるのではないでしょうか。

では、冒頭で書いたように「思ったより多く含まれている」糖質の量を見ていきましょう。

糖質量チェック

【カゴメ】野菜生活100 Peel&Herb グレープフルーツ・バジルミックスの糖質量

カゴメ 野菜生活100 Peel&Herb グレープフルーツ・バジルミックスがいかにすばらしい商品かを説明してきましたが、肝心の糖質の量をみてみましょう。

糖質量の算出方法

上述した栄養成分に記載されているように、炭水化物:20.3g、糖質:19.9g、 食物繊維:0~0.7g、となってます。 糖質量についてもズバリ「19.9g」と記載されてます。
食物繊維の量に幅があるので、炭水化物から食物繊維を差し引いた中央値がやはり19.9gとなりそうです。

ということで、糖質の量は19.9g

角砂糖が1個4gと考えてますので、角砂糖4個+0.97個に相当する糖質が含まれていることになります。

200mlのパックの中に、角砂糖が約5個も含まれていると考えるとかなりの量ですね!

原材料に砂糖類の記載が無いことを考えると、この糖質は14種類の野菜と3種類の果実に元々含まれている糖質の合計ということ。
野菜や果実にもかなりの糖質が含まれていることが分かります。

同一カテゴリー商品と比較

準備中です。
しばららくお待ちください。

まとめ

商品のイメージが爽やかで甘みを上手く抑えてる感じなので、糖質の含有量を見たときには思わず「エッ!こんなに?」と思ってしまいました。

糖質を気にしている方や制限している方にとっては、ちょっと手を出しにくいかもしれません。

とはいえ、一日の中で糖質の摂取量を調整したり、翌日を調整日にしてうまくバランスをとることを意識していれば、躊躇無く手を出せる商品でもあります。

フルーツの果糖は、ほとんどが肝臓で代謝されてインスリンを必要としないので血糖値を上げないと言われてます。
血糖値の急上昇が肥満につながると考えられるため、果糖のように血糖値を上げなければ肥満を防ぐことが出来そうです。
とはいえ、摂りすぎは禁物です!

糖質の摂取量を気にしすぎると、せっかく飲んだり食べたりしても美味しくなくなってしまいますよね。
美味しいものを食べたり飲んだりするときは、糖質のことは一旦忘れて、次の食事や翌日で上手く調整するのがオススメです。