はじめに

SweetNaviにアクセスしていただき、ありがとうございます。
当サイトは、食物や飲み物に含まれる糖質の量を、感覚的に理解してもらうため角砂糖の数でお伝えしています。
海外サイトのSugar Stacksの日本バージョンのようなサイトです。

当サイトを立ち上げた理由

30代以上になって、健康診断で糖尿病予備軍と診断されたり、糖尿病だと診断されて食事の内容を大幅に調整しなくてはならない状況の人も少なくないようです。

そういった状況を踏まえてか、コンビニやスーパーで糖質●%オフや糖質ゼロの商品が数多く出回るようになりました。

かつてはダイエットと言えばカロリーの摂取を制限するものが主流でしたが、いつからか炭水化物抜きダイエットに注目が集まり、近年では糖質制限ダイエットに注目が集まるようになりました。

しかし、お店で売られているほとんどの商品には、含有量の違いこそあれ糖質が含まれてます。
ヘルシーなイメージのある商品でさえ、想像以上の糖質が含まれていたりします。

当サイトでは、意図せずに糖質を摂取してしまう可能生が高いのは良くないのでは?
であれば、自分が口にする食べ物や飲み物に、どのくらいの糖質が含まれているのかを認識したうえで摂取するのが望ましいのではないかと考え、このサイトを立ち上げることにしました。

糖質の算出方法について

食物や飲み物の糖質の量は、以下の方法で算出してます。

◆栄養成分表記に糖質の表示が無い場合

炭水化物-食物繊維=糖質

◆栄養成分表記に食物繊維の表示も場合
※食物繊維がほぼ含まれていないと考えられるため。

炭水化物=糖質

糖質の種類等を考慮すると、上記の算出方法では正確な糖質の量を算出できないことは理解してます。
しかし、当サイトでは感覚的に理解しやすくするためにこの算出方法にて単純化してます。

より詳しく正確な糖質の量をお知りになりたい場合は、他の情報をご覧ください。

糖質の含有量の表現について

上述の通り、食物や飲み物に含まれる糖質の量を角砂糖の数で表現しています。
角砂糖1個を4gとしてます

例えば、茶碗一杯の白米の場合、含まれる糖質は55.1gになります。 その場合、

55.1÷4=13.775

なので、四捨五入して13.8と考え、角砂糖13個+0.8個となります。
単純化しすぎている点については否めませんが、どんな物にどのくらい糖質が含まれているのかを感覚的にお伝えするための手段として、このような手法を採用しております。 予めご了承ください。

検証する食物や飲み物について

スーパーやコンビニで販売されている馴染みのある商品の他、人気がある店舗の商品なども可能な限り取り上げていきます。

◆リクエストにも対応します
当サイトをご覧になり、あの商品をチェックしてほしいといったリクエストにも、出来るだけお応えしたいと考えてます。

◆商品の紹介をします
低糖質、糖質カット、糖質ゼロの商品を作られてるメーカーで、当サイトで紹介してほしいといったご要望にも対応してます。

※商品に含まれる糖質の量を視覚的に伝えることで、商品の不買を促すような意図は毛頭ございません。 誤解なきようお願い致します。

各種ご要望はメールにて受付てますので、コチラからご連絡ください。

こんな方におすすめ

近年、注目を集めている糖質制限ダイエットをはじめようと考えてる方や、既にやっている方。
健康診断の結果、糖質の摂取量を気にされてる方などにお役立ていただければ幸いです。

糖質は体の主要なエネルギー源なので、不足すると体力の低下や疲れやすくなることがあり、極端に不足すると意識障害などが起こることがあります。
しかし、糖質を摂りすぎると、肥満や生活習慣病を招くおそれがあります。

快適な毎日をすごすためにも、適切な摂取をこころがけてください。

大切なのは『摂取する栄養素のバランス』です。

ここでいうバランスとは、一日を通して糖質量が多い食事をした場合、ちょっと極端な表現をすると、翌日は小鳥のような食事量にしましょうということです。

食事の量を減らすのが辛い場合には、糖質量が少ない物を意識して食べることでバランスをとるように心がけましょう。
ただし、調整日に糖質を一切摂らないといった極端なバランスの摂り方は身体に悪影響を及ぼす可能生もあるので禁物です。